審判(レフリー)について考える -第1節 ジャパンラグビートップリーグ2020-

試合を観る時間がない

試合、ぜんぜん見切れません。おまけにNFLプレーオフが重なり、全然追いつけません。。。

やっと第2節を見始めることができたばかりですが、その前に大切なこととして審判(レフリー)について記載したいと思います。

ラグビー特有の選手と審判の関係

第1節屈指の激戦、ヤマハトヨタの試合を振り返りつつ。

f:id:rugbyfp91:20200122125441p:plain

https://www.top-league.jp/schedule/convention/5961/

試合全体としては非常に接戦で面白い試合でした。トヨタにはすっかり人気者となったキャプテンFL姫野和樹や、元ニュージーランド代表オールブラックスキャプテンのNo.8キアラン・リード、ワールドカップ優勝メンバーの南アフリカ代表15番、FBウィリー・ルルーら、スター選手が揃っていました。

f:id:rugbyfp91:20200122132928j:plain

f:id:rugbyfp91:20200122132910j:plain

f:id:rugbyfp91:20200122132919j:plain

https://rugby-kansai.or.jp/97253

得意のスクラムで勝った部分がヤマハの勝利を呼び寄せたとは思いますが、13,985人という、ヤマハスタジアムでのトップリーグ史上最多の観客が充分堪能できる試合内容だったと思います。互いに点を取り合い前半は19-19の同点。姫野、リード、そしてルルーへと渡った、贅沢なトライもありましたね。後半も行ったり来たりの激しい展開で、終わってみればコンバージョンの差で31-29でヤマハの勝利。第1節、8試合全てを観てはいませんが、4試合観た中では最も面白い試合でした。

だからこそ、気になりました。レフリングとそれに対する選手の反応です。選手からレフリーへのアピールが非常に目立ちました。神戸対キヤノンの試合でも、タッチジャッジの判断が遅れてトライが取り消される、という局面がありました。試合の趨勢には影響は無かったとは思いますが、審判団にとって非常に悔しい試合だったろうなとその時感じていました

さて、この試合は日本協会公認A級レフリーの塩崎公寿さんがレフリーでした。日本ラグビーフットボール協会のHPによると、日本協会公認A級レフリーは現在5人、その下に位置するA1級レフリーが15人いらっしゃるとのこと。

さて、日本代表がワールドカップでベスト8となり、トップリーグ各チームへもワールドクラスの選手が続々と加入している日本ラグビーの現状ですが、選手からすると、レフリングがプレーの質に追いついてきていな、という思いを持ってるのではないか、とこの試合を観てる中で考えてしまいました。極めつけは後半入ったトヨタSH滑川の執拗なまでの塩崎レフリーへのアピールでした。J SPORTS解説の砂村さんからも叱責が飛んでましたが、わたしは下記を知っていたのでなおさら違和感を感じたのかもしれません。

レフリーになろうとしている人が大観衆の前でやることではないと思いました。

ただし、難しいのもわかります。ラグビーワールドカップ日本大会を観ていたサッカーファンがラグビーを羨んでいる、という記事を読んだことがあります。サッカーのように選手がイミテーションをするようなこともなく、レフリーと選手が誠実にコミュニケーションを取っている姿に感動した、という内容でした。これは、ラグビーというスポーツの非常に大切な歴史・文化であると共に、選手とレフリーとの間に信頼関係があればこそ成立するものだと考えます。日本人レフリーには楯突いても、ナイジェル・オーウェンズさんの言うことは聞く。これが日本人レフリー団が今まさに突きつけられている課題なのだと思います。

選手だけでなく、優秀な審判も必要

日本人レフリー団には、より格上の試合で笛を吹く経験が必要だと考えます。今年、ウェールズイングランドと国内でテストマッチが予定されていますが、いつも通り、第3国からレフリーを連れて来、アシスタントレフリー1名は日本のレフリーで、となるのでしょうか。久保修平さんがワールドカップのアシスタントレフリーを務められていたことは記憶に新しいことですが、第2第3の久保レフリーを輩出していく必要があります。そのためにも、まずはトップリーグテストマッチを経験したプレーヤーたちとコミュニケーションを取りながらレベルアップし、久保さんのようにスーパーラグビーで笛を吹く機会を得て、その実績を持ってテストマッチで笛を吹く、といったレフリーのキャリアアッププロセスを、日本ラグビーフットボール協会に早急に検討して欲しいです。

レフリーが足らないようなら、土日の集中開催をやめて、週中に1試合くらい持ってくるなど、開催スケジュール自体も少し考えた方が良いかもしれませんね。集客のための週末開催だと思いますが、週末でなくとも観客が入ってくるような現在の人気を維持すれば、来シーズン以降はもう少しアレンジできるはず。

 

と書いている間にやっと第2節に突入し、三菱対キヤノンを観始めました。元クルセイダーズのヘイデン ベットウェル‐カーティス、良いプレーしますね。マイケル・リトルだけしか注目してませんでしたが、三菱重工の今後に期待です。

f:id:rugbyfp91:20200122125744p:plain

https://www.top-league.jp/schedule/convention/5961/