「勝ち続けること」の難しさを改めて知る -ラグビー大学選手権-

常勝の難しさ

以前も書いたことではありますが、わたし自身が早稲田OGでもあり、もちろん早稲田びいきで大学選手権を観てきたわけですが、やはりてっぺんまで行くと素直に嬉しいものですし、選手・スタッフのみなさんの努力の結果が詰まった、本当に素晴らしい試合でした。しかし、試合後最初に考えたことは、清宮・中竹時代の黄金期の早稲田、その後岩出監督が築き上げた絶対王者帝京、これらがどれほど稀有で貴重な時代だったのか、ということでした。

f:id:rugbyfp91:20200112173121p:plain

https://www.rugby-japan.jp/lp/daigaku_senshuken/index.html

これほど充実している明治でも勝ち続けられない

対抗戦時の明治の一人ひとりの強さを思い出してしまうと、この試合ではやはり見劣りしていました。明治の中ではLO箸本龍雅のみ最初から気を吐いていましたが、他の選手に火が着いたのは後半のさらに後半になってから。この時点で早稲田は点差を突き離しており、明治に追いつく時間は残ってなかったように感じました。

J SPORTS解説の野澤武史さんが仰っていましたが、勝ち続けてきたからこそ変化することが難しかった明治に対し、早明戦での完敗から課題を見つけ一点突破に集中できた早稲田。両校の気持ちの持ちようがかくも試合に色濃く出てしまったのです。ワールドカップでのニュージーランド然り、イングランド然り、きれいに勝ってしまうと次の試合で足元をすくわれてしまいましたね。

早稲田はCTB中野将伍が戻ってきたとはいえ、ここまで突き離せるほど早稲田が強くなったわけでも、明治が弱くなったわけでもない。この言わば振り子現象のような、勝者と敗者が移り変わってしまう事象を現時点では気持ちの持ちようという程度にしか表現できませんが、もう少し深いものがあるかもしれません。長期的に観測していきたいと思います。

早稲田としては天理戦と変わらず

試合内容に話を移しますが、おおまかには早稲田としては天理戦と変わらず、ディフェンスで我慢して明治のミスを誘発し、セットプレーからの短いフェーズでトライを獲り切る、というものだったと思います。

スクラムラインアウトから中野にわたしてズドーンと当たる、天理戦と同じ発想の展開がありました。きれいにハマったのは1つ2つ程度だったと記憶してますが、オフロードする前提でのディフェンスを引きつけるランは明治に対しても充分に効いていました。

印象的だったのはWTB古賀由教のはつらつとしたラン。終始笑顔でしたね。

f:id:rugbyfp91:20200112173704j:plain

https://www.rugby-japan.jp/gallery/university#

FB河瀬諒介の見事なハイボールキャッチも明治のアタックを抑える一助になっていました。

前半24分過ぎに、SO岸岡智樹が立て続けに2本のドロップゴールを放ったのには驚きました。どちらも決まったわけではありませんでしたが、普通のパントキックとは違い、ドロップゴールであれば、たとえ相手陣デッドボールラインを超えてしまったとしても相手ボールのスクラムではなく、相手陣22mラインよりうしろからのドロップキックで再開、となりますね。野澤さんの解説にもありましたが、明治にアンストラクチャーの形を与えたくない早稲田としては、非常に有効な戦術だったのかなと試合後に思いました。明治がドロップキックを比較的長く蹴ったことで2回めのドロップゴールに繋がったわけですが、短く蹴っていればそれはそれで、早稲田にも敵陣でのボール確保のチャンスが生じるわけです。一瞬のヒラメキで狙ったのかなと浅はかなわたしは思ってしまったわけですが、反省。岸岡というスタンドオフは賢く、入念に準備をし、ストーリーを描くことができる、今後の日本代表を任せたいスタンドオフの1人です。(トップリーグではクボタスピアーズへ所属すると聞きましたが、ワールドクラスの選手たちに囲まれて、一層素晴らしい判断力が身につくことを期待してます)

後半の後半からエンジンのかかった明治ですが、前半最初のSH齋藤直人が決めたペナルティゴールが最後まで立ちはだかり、10点差という分厚い壁を突き崩すまでに至りませんでした。この試合最初の得点シーンだったこのペナルティゴールの3点は非常に大きな意味がありましたし、その後のプレースキックも全て決めた齋藤直人のクオリティの高さは、充分にサンウルブズで、スーパーラグビーで通用することでしょう。

日本ラグビー強化と大学ラグビーの狭間

世界では20歳そこそこのプロ選手がおり、ワールドカップでも活躍していました。日本でも大学以下のレベルが上ってくるにつれて、早くプロに入れたほうが強化に繋がる、という発想も聞こえるようになってきました。トップリーグより大学ラグビーの方がはるかに観客が入る、という時期が続くと同時に、日本代表がワールドカップで勝てない、という状況が永く並行していたので、そのような発想もよくわかるつもりです。

あとはラグビーというスポーツの捉え方次第なのかな、と思います。ワールドカップで勝利することが大きな目標ではありますが、若い選手を早期にプロ化することが、ラグビーというスキルだけでどうにかなるものではないスポーツにおいて、果たして強化に繋がるのかどうか、わたしはまだ答えが見付かっておりません。

大学ラグビーという文化を大事にしたい、という古参ファン的な言い方もしたくはないですが、おそらく大学での4年間の中には、プロ選手生活では得られない何かがある、と感じています。試合中にこれほどまでにディシプリン、規律という言葉が聞こえてくるスポーツを、わたしはラグビー以外には知りません。ラグビーを強く、正しくプレーするためには、良い人間でなければならないのです。

荒ぶるを唄う彼らの表情を観ていると、彼らが既に素晴らしい人間であることが、わかり過ぎるくらいわかるのです。

f:id:rugbyfp91:20200112173701j:plain

f:id:rugbyfp91:20200112173709j:plain

https://www.rugby-japan.jp/gallery/university#

本当におめでとう、あなたたちを後輩と呼べることが幸せです。

さて、わたしたちファンは気持ちを切り替えてトップリーグやスーパーラグビーへ突き進みましょう。