『速報』ヘッドコーチはイアン・フォスターに -ニュージーランド代表オールブラックス-

f:id:rugbyfp91:20191211115925j:plain

https://www.allblacks.com/news/ian-foster-appointed-all-blacks-head-coach/

スコット・ロバートソンではなく、イアン・フォスターでした。ちょっと保守的な選択では!?という印象は持ちますが。

クリスマス前には決定する、という話でしたが、だいぶ早く決まりましたね。早速ニュージーランド国内でもトップニュースとして報じられ、ネットも騒がしくなっているようです。

2年契約で、他のコーチ陣は只今現在ではまだ発表できないとのこと。

グレアム・ヘンリーからスティーブ・ハンセンへ、そしてイアン・フォスター。アシスタントコーチをしつつ昇格してきた経緯がありますので、国内でも報じられているように、

Foster's victory is one for continuity

ひとえに2012年からの「継続性」からの選択だと思います。

who has been involved with the All Blacks since 2012 rather than the fresh outlook Robertson would provide

たしかに2015年大会後とは異なり、2019年日本大会後は、それほどオールブラックスの選手自体にあまり変化は無いんですよね。先発メンバーで言えば、キャプテンだったNo.8キアラン・リードトヨタへ加入、くらいですからね。BKの先発メンバーで言えば、誰一人として国外に出た選手は居ません。SO/FBボーデン・バレットも継続性を重視すべき、と発言していた中、無難な判断とは言えます。

イアン・フォスター率いるニュージーランド代表オールブラックスの初陣は、2020年7月のウェールズとの2連戦、続いてスコットランド、とテストマッチ3連戦となります。8月にはザ・ラグビーチャンピオンシップも例年通り開催。

これらテストマッチでの勝敗、そしてスーパーラグビーでのスコット・ロバートソン率いる常勝軍団クルセイダーズの成績を、世界で最も厳しい目を持つニュージーランドファンが見極めることとなります。

ジェイミー・ジョセフが選考に残っていたら、果たしてどうなったんでしょうか。。。