ニュージーランド各チームがスコッド発表!! -スーパーラグビー2020-

先日、サンウルブズのスコッドにはラグビーワールドカップ2019日本大会で活躍した桜の戦士たちは参戦しないと想像できる、といった記事を書きました。

この記事を書いている只今現在、サンウルブズの公式HPにはやはり昨シーズンのスコッドが表示されています。

そんな中、ニュージーランドの5チーム(Chiefs チーフス, Crusaders クルセイダーズ, Blues ブルーズ, Hurricanes ハリケーンズ and Highlanders ハイランダーズ)がスコッドを発表しました。

まだ全選手を確認し終わったわけではありませんが、日本をはじめ海外でのプレーを選択した選手を除くと、最もインパクトがあるのはボーデン・バレットのブルーズへの移籍だと思います。

f:id:rugbyfp91:20191112205309j:plain

https://blues.rugby/players/beauden-barrett/

ひとまずFirst five-eighthsつまりSOスタンドオフとして記載されていますが、オールブラックスでの最近の起用方法を考えるとFBにもなり得ますね。レオン・マクドナルドHCはどのように起用するか、またそれがオールブラックスとどうリンケージしていくか、楽しみですね。

ルーキーイヤーを迎える選手もいれば、ベテラン選手も入ってます。

19歳ですよ、ニュージーランドは。日本ではもう少し先ですかね。

 

また、子供連れの家族にとってより観戦しやすいようにキックオフを早めたとのことです。スーパーラグビーの公式HPで開始時間を確認できますが、確かにニュージーランド開催の試合が日本時間15時くらいからの開始になっています。

 

それにつけても、心配なのはサンウルブズのスコッドですが。。。