【ラグビーワールドカップ2019】Match 47 意義のある3位決定戦になるか -ニュージーランド対ウェールズ-

f:id:rugbyfp91:20191030141322j:plain

https://twitter.com/rugbyworldcupjp

ニュージーランド代表オールブラックスの先発メンバーを見る限り、これまで出ていなかった選手を多く起用しつつも、要所はファーストチョイスで臨んでくれるようです。まあ、誰が出ても一級品なのですが。

大会終了後に日本でトップリーグに参戦する3選手も含まれていますね。LOブロディー・リタリックは神戸製鋼コベルコスティーラーズへ、キャプテンNo.8キアラン・リードトヨタ自動車ヴェルブリッツへ、CTBライアン・クロッティはクボタダイナボアーズへ、それぞれやってきます。日本のファンとしては嬉しいセレクションです。

ハカをリードしていたSHペレナラが23人に含まれていないので、誰がリードするのかも楽しみですね。

一方のレッド・ドラゴンです。

f:id:rugbyfp91:20191030141326j:plain

https://twitter.com/rugbyworldcupjp

怪我人の多いウェールズ代表。少し寂しい布陣に見えてしまいますが、オールブラックスの容赦ない波状攻撃を鉄壁のディフェンスでどこまで守りきれるか、が見どころかなと思います。

オールブラックスにとってはテストマッチで敗れることは許されない、ましてイングランド代表に敗れたばかり。2連敗は絶対に阻止すべく激しく向かってくるでしょう。一方ウェールズ代表も、オールブラックスを倒す絶好の機会と言えます。なかなかこういうモチベーションのオールブラックスには巡り会えないはずですし、どんなタイミングであろうが、オールブラックスから勝利することの価値は揺るぎません。

前回大会の3位決定戦は南アフリカとアルゼンチンで、かなり大味な試合になった記憶がありますが、今回はそれぞれの目的に向かって全力を絞り出してもらって、意義ある3位決定戦にして欲しいものです。

f:id:rugbyfp91:20191028125935j:plain

https://twitter.com/rugbyworldcupjp