【ラグビーワールドカップ2019】初戦が終わり、次の準備へ

日本人の気質として、勝利しても決しておごらず、というのはわかるとして、ラグビーではそれが世界共通のようです。

f:id:rugbyfp91:20190925001538j:plain

The World Cup is about living your standards daily.
The minute that we think we've had one good game and made it then we're going to get smacked. 
The only way to progress further at this tournament is if we keep trying to meet our own expectations on a daily basis.

ニュージーランド代表オールブラックスのACイアン・フォスターのコメントです。

ワールドカップは自身の基準を日々守ることであり、このトーナメントでさらに前進する唯一の方法は、毎日自分の期待に応えようとすることだ、と南アフリカ代表スプリングボクスに勝利した後でもこのコメント。

アイルランドも同様ですね。

f:id:rugbyfp91:20190925084549j:plain

You know you have to start well, and from a forwards’ point of view, to get a couple of tries in tight is pleasing, but we know that it’s just a start and we need to get better.
It’s nice to have played in four World Cups but ultimately, from a personal point of view, that means nothing. It’s about making sure that that we get better as a collective as we go along.

自らトライを取ったキャプテンのHOローリー・ベスト。きつい中でトライが取れたことは嬉しいが、これはほんの始まりに過ぎないことをわかってるし、改善していくよ。

個人としてワールドカップ出場4大会目は素晴らしいこと、でも結局はそんな個人的なことはどうでもいいよ。私たちが一緒に進むにつれ集団として良くなってきているんだ、といったところでしょうか。

先日のフランス代表の試合を観ていると、経験値が必ずしも必要ではない、という仮説を持ちたくなりますが、ローリー・ベストの重厚な発言は間違いなくチームに良い影響を与えるでしょうし、ラグビーらしいリーダーシップだと感じます。

一方で敗れた側ももちろんあきらめません。

f:id:rugbyfp91:20190925001602j:plain

So, to get back from 17-3 down to 17-13 at one point and then be in their 22 and close to scoring a try was good, before two great turnovers by New Zealand.
I think there were stages where we fought back really well.

ラシー・エラスムスHCです。17-13という場面で敵陣22mに入りトライに近づけたことは良かったんだ、ニュージーランドの凄まじいターンオーバーが2回あるまでは。本当に良く戦えていた段階はあったよ。

そして反省もします。

We conceded 11 penalties to two and you’re going to struggle to beat a quality side like New Zealand without the ball.
Discipline was our biggest downfall; there’s nothing we can moan about - we just have to say well done to them.

11個もペナルティーをしてしまうとニュージーランド相手には厳しいね。ディシプリン(規律)が最大の失態だ。ニュージーランドが良かったと言えるだけだよ。

 

よく、ラグビーは人づくり、という話を耳にしますが、こういったコメントを見ていると本当にそのように感じます。

横浜でニュージーランド南アフリカを観戦した際、わたしの隣にはアイルランドの方とスコットランドの方が居ましたが、和気あいあいと語ることができました。帰りの駅では新宿へ行こうとしていた南アフリカの方を湘南新宿ラインへ案内することができました。

わたしもラグビーワールドカップの片隅のそのまた片隅くらいにはなれたかな、と思いました。

あ、ウェールズジョージアを早く観ないと。。。サモアの初戦も。