神戸を止める術はあるか!? -第2節&第3節 ジャパンラグビートップリーグ2020-

3連勝は3チームのみ

神戸製鋼コベルコスティーラーズの勢いが止まらない。第3節終わって勝ちっ放しはパナソニック東芝、そして神戸の3チームのみ。パナソニックは初戦のクボタ、調子の上がりきらないトヨタ、昇格組の三菱重工に対する3連勝。東芝サントリーに勝利し勢いに乗るが、第5節でパナソニック東芝は直接対決となる。

それに比較すると神戸製鋼は既にヤマハサントリーという2つの大きな壁をこの第2、3節で超えてみせた。第9節までホーム、ユニバー記念競技場で開催できることも考えると、第6節の東芝戦を除けば敗れる要素は見当たらない。

続きを読む

入場予約券を申し込みましょう -第11-15節 ジャパンラグビートップリーグ2020-

以前もJRFU会員特典のご招待券を使う際、注意しましょうという記事を書きましたが、その続報となります。

今回のUPDATEは第11-15節で多数の観客が見込まれる試合について、招待券を使いたい方は予め予約して下さいね、というものです。

対象は、秩父宮の全ての節、熊谷がパナソニック神戸製鋼サントリーを迎え撃つ第12節と第13節、パロマ瑞穂がトヨタのホームゲームとなる第14節と第15節。詳細は下記ご参照。

具体的にはチケットラグビーへのリンク↓

JRFUメンバーズクラブ会員向け【招待抽選受付】 | Ticket RUGBY[チケット購入・予約]

を辿って行くと、チケットラグビーの画面に遷移します。チケットラグビーの通常のトップページ等からはリンクが貼られていないようなので、上記からお願いします。

f:id:rugbyfp91:20200124152108j:plain

http://ticket-rugby.jp/top.jsp

対象試合が出てきますので、行きたい試合と人数を入力。セブンイレブンファミリーマートのどちらかでの発券を選択できます。期限が設定されているのでご注意を。

【抽選申し込み期間】2020年1月24日(金)11:00~1月28日(火)23:59

さらに言うと抽選結果が1.29(水)18時頃にメールでお知らせが来るようなのですが、下記期限内に発券しないと無効となります。

【入場予約券発券期間】 2020年1月29日(水)当選後~2月1日(土)23:30

3日間程度の時間しか無いので、忘れてしまうとアウトです。当たった方はご注意を。

雪舞う秩父宮での激闘2試合 -第2節 ジャパンラグビートップリーグ2020-

雪の秩父宮に15,000の観客

f:id:rugbyfp91:20200123161017j:plain

https://www.top-league.jp/schedule/convention/5961/

寒い中、この日秩父宮に行かれたファンの皆さんは当たりでしたね。2試合ともに接戦で、ディフェンスが固く、最後の最後までトライを取りに行こうとする、熱くなれる試合だったと思います。

続きを読む

審判(レフリー)について考える -第1節 ジャパンラグビートップリーグ2020-

  • 試合を観る時間がない
  • ラグビー特有の選手と審判の関係
  • 選手だけでなく、優秀な審判も必要

試合を観る時間がない

試合、ぜんぜん見切れません。おまけにNFLプレーオフが重なり、全然追いつけません。。。

やっと第2節を見始めることができたばかりですが、その前に大切なこととして審判(レフリー)について記載したいと思います。

続きを読む

異次元のスピードスターに敗れるも、課題が見えたクボタ -第1節 ジャパンラグビートップリーグ2020-

やっぱりクボタは今シーズンのダークホースだった

f:id:rugbyfp91:20200117130002j:plain

https://www.top-league.jp/schedule/convention/5961/

開幕前、第1節で最も注目すべき試合として、パナソニック対クボタを取り上げた。

前半は27-3でパナソニックが差をつけたが、後半だけ見ると7-8でクボタがパナソニックとがっぷり四つで戦えることを証明した。パナソニックのチームとしての成熟度に比較し、クボタは個人では充分通じていたが、ここぞというときにハンズが上手く行かず、ハンドリングエラーに終わってしまう。

続きを読む

ハンズのクオリティが高すぎる神戸 -第1節 ジャパンラグビートップリーグ2020-

  • ワールドカップそのままのファンが集まったユニバ
  • ニュージーランド仕様がさらに強くなった神戸
  • 名前を上げればきりがない
  • やはり優勝候補筆頭は間違いない

ワールドカップそのままのファンが集まったユニバ

23,004人東芝サントリーの21,564人を超える、第1節最多のファンがまさしくワールドカップ同様の雰囲気をユニバで作り上げてくれた。それに応えるように、最後までボールが目まぐるしく動く、観ていて楽しいラグビーだったと思います。

f:id:rugbyfp91:20200115144506j:plain

https://www.top-league.jp/schedule/convention/5961/

ニュージーランド仕様がさらに強くなった神戸

コーチ、選手ともに増えているので当たり前ではあるが、日本人選手も含めて、スーパーラグビーニュージーランドのチームを観ているような気持ちになった。

続きを読む

東芝の復活を観た -第1節 ジャパンラグビートップリーグ2020-

  • 賭けていた東芝
  • ブレイクダウンでの勝利
  • サントリーのアタックの印象が薄いのは何故か
  • ワールドクラスのマッチアップ

賭けていた東芝

f:id:rugbyfp91:20200113151450j:plain

https://www.top-league.jp/schedule/2019/

東芝ブレイブルーパスサントリーサンゴリアスを下し、府中ダービーに勝利した。東芝にとってはこの結果だけで充分と言える。昨シーズン、ベスト4常連の東芝は11位に急降下した。とにかく噛み合ってなかった、という印象が強い。それが優勝候補の一角、サントリーと真っ向勝負で競り勝つことができた。

続きを読む